★学習塾初心者に贈る「発問って何だ?」@学習塾開業ブロガー

★学習塾初心者に贈る「発問って何だ?」@学習塾開業ブロガー : マネジメント・ブレイン・アソシエイツは、全国の学習塾様・私立高校様を対象とした教育機関支援コンサルティング会社です。新規塾開設や開設支援、新人講師の研修や教室長の養成、子どもと保護者の円満な関係を作る支援をしています。

お問い合わせ

☎045-651-6922

★学習塾初心者に贈る「発問って何だ?」@学習塾開業ブロガー

こんにちは! 

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの
@学習塾開業ブロガーです。

さて、前回のブログで授業中の「指示」についてお伝えしました。

授業での先生の発言は、大きく「発問」「指示」「説明」
三つのタイプに分かれます

前回のブログで取り上げた
「問題集の70ページの問2を5分以内に解いてください」
といった発言が、「指示」にあたります。

「説明」は、主なものは教科書にそった
教科内容の説明ですね。

さて、それでは「発問」は?

この言葉は、これまで教育関係の仕事に関わったことがある方なら
多くは知っているでしょうが、教育関係がはじめての方には聞き慣れないはずです。

「発問」とは文字通り、問いを発することですが、
ただ「質問」とは違います。

「日本の首都はどこですか?」 
「東京です」

上のような一問一答式で答えられるものは
通常、「発問」とは言いません。

文科省のホームページを見ると、両者はこんな風に区分されています。

「質問」は子供が本文を見ればわかるもの。
「発問」は子供の思考・認識過程を経るもの。

日本の学校教育の授業研究の歴史を遡ると、
戦後は、この発問研究に多くの労力が注がれてきました。

良い「発問」をする先生の授業が、
手本とされてきました。

この「発問」、これから学習塾を開業されるという方にも
ぜひ、知っておいていただきたいんですね。

なぜか、その理由は次回以降に説明します。

次回のブログでも「発問」を取り上げますね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

@学習塾開業ブロガー赤煉瓦ブログの一覧はコチラから
  ↓
https://management-brain.co.jp/blog

【学習塾の起業・経営・研修に関するお問い合わせ先】
合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ

電話番号:045-651-6922