中土井が語る新しい塾のカタチ(塾経営の戦略・戦術号外/セミナー告知)

中土井が語る新しい塾のカタチ(塾経営の戦略・戦術号外/セミナー告知) : マネジメント・ブレイン・アソシエイツは、全国の学習塾様・私立高校様を対象とした教育機関支援コンサルティング会社です。新規塾開設や開設支援、新人講師の研修や教室長の養成、子どもと保護者の円満な関係を作る支援をしています。

お問い合わせ

☎045-651-6922

中土井が語る新しい塾のカタチ(塾経営の戦略・戦術号外/セミナー告知)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━塾人応援メルマガ!━

【塾経営の戦略・戦術エキストラ】
 作者:メルマガ管理人(号外担当)
 2018年8月24日  ★号外
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━
「講師不足・人材難」を乗り越え、新しい塾に生まれ変わる!
━━━━━━━━

こんにちは!

合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツの号外担当です。

もう、夏期講習が終わったという塾もあるでしょうし、
最後のラストスパートだという塾もあるでしょう。

とにも、かくにもあと一歩!

最後まで気を抜かず、生徒にとっても、保護者にとっても、
塾にとっても「素晴らしい講習であった」と言えるような
終わり方をしたいものです。

さて、夏期講習の集客は皆さん、いかがだったでしょう?

最後の最後で盛り返した弊社の顧問先の例をご紹介します。

首都圏で2教室を展開しているその個別指導塾は、
2教室で明暗がはっきり分かれていました(各教室在籍生60名ほど)。

一つの教室は7月中旬の段階で夏期の入塾者が目標の10名を超えました。
しかし、もう一方の教室の入塾者は、なんとゼロ!

当然、入塾者ゼロの教室長A先生は、焦ります!

しかし、ここで踏ん張ったのがA先生の偉いところです。
講習直前に門配と、ポスティングを
夢中でがんばった結果・・・

夏期講習が始まった後に、
問い合わせが相次ぎ、
8月上旬の段階で夏期の入塾者が10名を超えました。

出遅れを必死の思いでリカバリーしたA先生はこの塾の塾長でオーナーです。

一方、7月中旬の段階で夏期の入塾者が10名を超えていた
教室の責任者は、若い従業員の教室長(B先生)でした。

それにしてもA塾長は、幸せ者です!
「社員」にとても恵まれました。
B先生という従業員の働きに刺激を受けて、
塾長が目標を達成しました。

この個別指導塾は、A塾長とB先生が
お互いがお互いを引っ張り合う関係で、
ドンドン成長していきそうです。

それはそうと、皆さんが学習塾の経営者なら
B先生のような方に入社してほしいと思いますよね。

ただ、今は、人材難の時代です。

━━━━━━━━
講師が集まらない! 人材難の時代!
だったら、どうする次の一手!!
━━━━━━━━

お盆休暇中に、経済産業省が毎月発表している
「特定サービス産業動態統計調査」の「学習塾」を
見ていたら興味深い数字と出会いました。

今年の5月・6月の数値なのですが、学習塾業界では
「売上」も「受講生数」も前年同月比で微増していたのですが、
一方で、2か月連続で減の数値があったのです。

何の数値だと思いますか?

答えは「講師数」。

つまり、生徒(受講生数)は増えているのに、
教えている先生の数(講師数)は減っているという構図が、
学習塾業界には近々、見られたわけです。

しかも、よくよく見ると、「講師数」の中で
「非常勤講師数」だけが減っているのですね。
(6月の数値:非常勤講師数は、前年同月比97.7%。
専任講師数は、前年同月比100.0%)

この数値をどう分析するかは人により分かれるでしょうが、
個別指導塾の講師不足が、具体的な数値として、
表面化してきたのだなと号外担当の私は思いました。

この「人手不足」問題に真正面から立ち向かうのが
2018年度下半期のMBAセミナーです。

そして、この人手不足問題を逆手にとって
個別指導塾の次、新しい塾のカタチを模索するのが
2018年度下半期のMBAセミナーです。

 

前置きが長かったですが、すいません、ここからが、
この号外の本題です(笑)。

 

━━━━━━━━
講師や社員の募集から「自立型学習教室」の
成功ポイントまでバッチリお話します。
━━━━━━━━

2018年度下半期のMBAセミナーでは
深刻化する「人手不足」問題に
二つのアプローチから迫っていきます。

一つは、「業態変換」というアプローチです。

個別指導塾に比べ、人手をあまりかけない指導業態として
「自立型」があります。
この「自立型学習教室」の教務・運営にスポットをあて、
その成功ポイントをお話します。

「個別指導」や「集団指導」とは異なった
「自立型」ならではの成功の法則、
その具体的なスキルをお伝えします。

そして、もう一つのアプローチは、
人材を集めるための募集・採用方法の模索です。
「人手不足」の時代にあっても学習塾で働きたいという
優秀な若者や、力をもった人材はいます。
では、この大切な人材を、どうしたら自塾に採用できるのか?

この点についてのMBA流のメソッドをご紹介します。

そして、もう一点、メルマガ管理人が楽しみにしているのが、
弊社代表の中土井が、学習塾業界のトレンドとして
次に市場を席巻する「塾の新しいカタチ」をどのように
考えているのか? という問題です。

「集団指導」→「個別指導」→「●●●●」

この「●●●●」が、どうなるのか?

今回のセミナーでは、上記のような問題にも言及する予定なので
受講される方は、ぜひ、お聞き逃しなく!

 

━━━━━━━━
【2018年度下半期MBAセミナー「人手不足からの塾革命~
新しい塾のカタチの成功メソッド教えちゃいます!」】各講座の内容は?
━━━━━━━━

具体的には2018年度下半期MBAセミナー
「人手不足からの塾革命」は、以下の4部構成でお届けます。

各講座のテーマ及び講師は・・・

■第1講座「2020年以降に求められる新しい塾のカタチとは(仮称)」
(講師 中土井鉄信)

■第2講座「自立学習教室を100名にする成功の秘訣を教えます」
(講師 山口博士)

■第3講座「塾革命を起こすMBAメソッド(仮称)」
(講師 浅井正美)

■第4講座「何でも解決!塾経営Q&A」
(講師 中土井鉄信)

弊社代表中土井もシニアコンサルタントの浅井も
セミナーにかける意気込みは、気合十分です!

さらに、上記の二人に加えて
今回はとびっきりのゲストスピーカーが登壇します。

第二講座を担当していただく山口先生です。
山口先生は自立学習REDのFCで
日本一の生徒数を誇る学習塾の経営者です。

そんな山口先生が、
自立学習教室の成功の秘訣をコッソリ教えちゃいます!

どうぞ、皆さんご期待ください。

2018年度下半期MBAセミナーは
東京・大阪・福岡の三会場での開催です!

 

お申込みはこちら
↓    ↓
https://management-brain.net/mbaseminar02/

最後になりますが、
皆様からのお申込みをスタッフ一同、
心よりお待ちしています

全力で素晴らしいセミナーにできるよう
がんばる所存です!

また、ご不明な点等がありましたら、
なんなりと下記までお問い合わせください。

合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ
TEL:045-651-6922
mailadm@management-brain.co.jp

担当 大塚、岩瀬

━━━━━━━━
セミナー概要
━━━━━━━━

■2018年度下半期MBAセミナー

「人手不足からの塾革命~
新しい塾のカタチの成功メソッド教えちゃいます!」

■日程と開催場所

★東京  9月30日(日) 渋谷サンスカイルーム
★大阪 10月21日(日)新大阪ブリックビル
★福岡 10月28日(日)アクア博多

■時間: 10:20~17:00(予定)

■参加費(税別)
MBA塾経営革新メンバー 7,000円
一般参加        10,000円

お申込みはこちら
↓    ↓
https://management-brain.net/mbaseminar02/

どうぞよろしくお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C) MBA All Rights Reserved
―――――――――――――――――――――――――――――――